パイオニア株式会社【公式】

パイオニア株式会社の公式noteです。 パイオニアはモビリティ領域におけるさまざまな課…

パイオニア株式会社【公式】

パイオニア株式会社の公式noteです。 パイオニアはモビリティ領域におけるさまざまな課題を“モノ×コト”で解決するソリューション企業への変革に取り組んでいます。創業86年の老舗メーカーの挑戦、変革に関する取り組みを発信していきます。 ※記事の内容は掲載当時のものです

パイオニアについて

パイオニアに関する記事をまとめています!

くわしく見る

デザインが地球を救う!サスティナブルなパッケージを目指して

こんにちは。パイオニア(株)デザイン部の天井です。今回はデザイナーの環境対策への取り組みについて紹介したいと思います。 環境に配慮した梱包パッケージとはメーカーが取り組む環境対策といえば、製品に使用される素材の改善などをイメージされると思いますが、製品を梱包するパッケージでの対応も大切です。 パイオニアの主力製品であるカーナビやカーオーディオの梱包パッケージは段ボールの外装材に発泡スチロールの緩衝材という組み合わせが主流です。これらは開梱された後に回収または廃棄されるため、

スキ
16

「業務のデータ、どう扱うのが良いの?」を学べるデータ講座を始めました (リアルな声編)

パイオニア公式noteをご覧の皆様、こんにちは。全社横断のデータ組織、データインテリジェンス部 グロースアナリティクスグループでマネージャーをしています、森本智視(もりもとともみ)です。 日々、データ分析やデータカルチャーの醸成、データ教育などに取り組んでいます。 前回は、人事と協力して作り上げた "データ × エクセル講座" の講座開発に関するnoteを公開しました。 今回は実際に、実際に講座に参加した3名にインタビューを実施し、参加者の "リアルな声" を皆様にお届

スキ
42

全社員参加型 グローバルイノベーションプログラムを整える

- Be a Pioneer - 全世界に向けたイノベーションプログラムへと「進化」実のところ、これまでの私たちのアイデア公募の仕組みは、日本国内に限定した活動に留まっていました。 しかし、市場に目を向けてみるとどうでしょう? お客様は全世界にいらっしゃるので、日本国内だけにフォーカスするべきではなく、グローバル視点で優れた考えを取り入れることができるよう、アイデア創出活動の領域を広げる「進化」が必要だと感じました。 そこで、日本のみならず全世界の社員を対象に、新しい

スキ
12

「デザイナーは社会のために何をできるか?」

こんにちは。パイオニア(株)デザイン部の友野です。今回はデザイナーの社会貢献活動について書いていこうと思います。 みなさんは「デザイン思考」や「UXデザイン」といった言葉をご存知でしょうか?デザインをする上での考え方やプロセスの事ですが、こういったデザイナーの思考メソッドが昨今、大きな注目を集めています。また、SDGsという社会目標も大切な世の中なので、うまく結びつけてデザイナーの能力を社会に還元できないものかと考えました。メンバーたちと何度もディスカッションを重ね、出てきた

スキ
35

データ分析

データ分析に関わる仕事や社員に関する記事をまとめたマガジンです

くわしく見る

【連載】 現場のデータ活用を進化させる!Tableau社内活用インフルエンサー輩出プログラム始動!(後編)

パイオニア公式noteをご覧の皆様、こんにちは。全社横断のデータ組織、Cross Technology Center データインテリジェンス部 グロースアナリティクスグループでマネージャーをしています、森本智視(もりもとともみ)です。 今日は前編・中編に続く最終編として、現在取り組んでいる "Tableau 社内活用インフルエンサー輩出プログラム" の成果発表に向けた取り組みや本プログラムをリードするメンバーのインタビューなどをお送りします。 ■前編: 活動目的やプログラ

スキ
27

「業務のデータ、どう扱うのが良いの?」を学べるデータ講座を始めました (リアルな声編)

パイオニア公式noteをご覧の皆様、こんにちは。全社横断のデータ組織、データインテリジェンス部 グロースアナリティクスグループでマネージャーをしています、森本智視(もりもとともみ)です。 日々、データ分析やデータカルチャーの醸成、データ教育などに取り組んでいます。 前回は、人事と協力して作り上げた "データ × エクセル講座" の講座開発に関するnoteを公開しました。 今回は実際に、実際に講座に参加した3名にインタビューを実施し、参加者の "リアルな声" を皆様にお届

スキ
42

【連載】 現場のデータ活用を進化させる!Tableau社内活用インフルエンサー輩出プログラム始動!(中編)

皆さん、こんにちは。パイオニアのビジネスに伴走し、データで課題解決・活用を推進する組織でマネージャーをしています 森本智視(もりもと ともみ)です。(所属:Cross Technology Center データインテリジェンス部 グロースアナリティクスグループ) 今回の記事では、前回に引き続き、現在パイオニアで取り組んでいる "Tableau 社内インフルエンサー輩出プログラム" に参加している4名のインタビューをお送りします! ※前回の記事はこちら 今回の記事では、プ

スキ
30

「業務のデータ、どう扱うのが良いの?」を学べるデータ講座を始めました (講座開発編)

パイオニア公式noteをご覧の皆様、こんにちは。パイオニアの全社横断のデータ組織であるCross Technology Centerのデータインテリジェンス部 グロースアナリティクスグループでマネージャーをしています、森本智視(もりもとともみ)です。 日々、データ分析やデータカルチャーの醸成、データ教育などに取り組んでいます。 今回は、パイオニアで取り組んでいるデータ教育の一環として、「データ × エクセル講座」を人事と協力して作り上げた話です。 取り組みの背景とねらい

スキ
42

新卒ガイド

学生の方向けの記事をまとめたマガジンです

くわしく見る

変革を進める企業での働き方とは?パイオニアの経理のおもしろさ

従来の“モノ”を売るビジネスモデルに、ソフトウェアなどの“コト”を掛け合わせ、ソリューション企業への変革を推進しているパイオニア。 その中で社員は何を考え、どのように働いているのかインタビューしてみました。 今回話を聞いたのは…… 入社の経緯──製品と社風をきっかけに入社を決意 パイオニアに新卒で入社して、現在11年目です。大学時代は法学部に在籍していたので、特に会計の勉強をしていたわけではなく、会計の専門知識は入社後に1から身に付けました。就職活動は製造業を中心にエン

スキ
23

限られた空間の中で音を捉え、デザインする仕事

従来の“モノ”を売るビジネスモデルに、ソフトウェアなどの“コト”を掛け合わせ、ソリューション企業への変革を推進しているパイオニア。 その中で社員は何を考え、どのように働いているのかインタビューしてみました。 今回話を聞いたのは…… 業務内容──音が出る“場”について考え、環境から音をつくる 本日は、私が携わっている音場(おんじょう)開発という業務についてご紹介します。アンプやスピーカーなどのハードウェアとも、それらを操作するためのソフトウェアとも異なり、文字どおり“音を

スキ
21

音とモノへの愛を形に!パイオニアの電気回路設計

従来の“モノ”を売るビジネスモデルに、ソフトウェアなどの“コト”を掛け合わせ、ソリューション企業への変革を推進しているパイオニア。 その中で社員は何を考え、どのように働いているのかインタビューしてみました。 業務内容ー既存ビジネスと新規開発の両方に関わる電気設計 私のチームでは、パイオニア製品の音に関わる部分のハードウェア開発を手がけています。既存ビジネスである車載オーディオ製品の電気領域や、事業における損益キープのための改良、部品供給状況のアップデート対応などのほか、新

スキ
18

パイオニアの音を再定義。新設・サウンド技術開発部の実態

従来の“モノ”を売るビジネスモデルに、ソフトウェアなどの“コト”を掛け合わせ、ソリューション企業への変革を推進しているパイオニア。 その中で社員は何を考え、どのように働いているのかインタビューしてみました。 今回話を聞いたのは…… 業務内容──社内外から注目される、“音”をつくる部門の統括 2023年に新たに発足したサウンド技術開発部の長を務めています。この組織は、もともとパイオニアが強みとしていた“音”が昨今改めて注目されていることを理由に編成されたもの。会社が“モノ

スキ
22

モバイル開発

モバイル開発に関わる仕事や社員に関する記事をまとめたマガジンです

くわしく見る

リーダー達から探る。パイオニアのモバイル開発

今回は対談形式で、モバイル開発部のチームリーダーや各チームの雰囲気を紹介します。 対談者紹介谷本 所属: モバイル開発部モバイル開発2グループ 経歴・担当業務:2015年11月パイオニアに入社。 COCCHiやMOTTO GOなどのスマホアプリ開発チームリーダー 藤野 所属: モバイル開発部モバイル開発3グループ 経歴・担当業務:市販、OEM向け車載機器のUI/UIFW開発を複数経験。 「My NP1」や「COCCHi」などのスマホアプリに組み込まれているSDKの開発チー

スキ
18

「COCCHi」開発者の日記:「iOSプロジェクトの舞台裏〜アーキテクチャ編〜」

パイオニア公式noteをご覧いただき、ありがとうございます。モバイル開発部のiOSエンジニアの杉岡です。 普段自分が業務で携わっているスマートフォン専用カーナビアプリ「COCCHi」のiOSアプリでは「Full SwiftUI」と「The Composable Architecture(以降TCA)」を利用し開発を行っています。 今回は、実際のプロダクトでの利用経験をもとに、SwiftUIとTCAを用いたアプリ開発における実践的な印象をお話ししたいと思います。 初めて利用

スキ
29

パイオニア スマートフォンアプリ開発の最前線、モバイル開発部の紹介

パイオニア公式noteをご覧いただき、ありがとうございます! Cross Technology Center 開発本部 モバイル開発本部の松島です。 今回は、私が部長を務めるモバイル開発部について紹介します。 モバイル開発部とは?以前、パイオニア製のスマートフォンアプリの開発は外注が主でした。 しかし、そこから内製へシフトし、より開発スピードを上げることを目指し、設立された部門がモバイル開発部となります。 そのため、組織としてはまだ若く、メンバーも社内でアプリ開発に携わっ

スキ
9

グローバル人財にインタビュー!パイオニアで働くとは?

従来の「“モノ”を売る」ビジネスモデルに、ソフトウェアなどの“コト”を最適に融合させ、ソリューション企業への変革を推進しているパイオニア。その中で社員は何を考え、どのように働いているのか社員にインタビューしてみました。 今回話を聞いたのは…… 日本に興味を持ったきっかけ──圧倒的な技術力への関心 カデール:私は中米のエルサルバドル出身です。日本という国を意識するようになったのは、高校生の頃に歴史の本を読んだことから。第二次世界大戦後、何もないところから立ちあがり、その

スキ
21

BtoCビジネス

BtoCビジネスに関わる組織、社員に関する記事をまとめたマガジンです

くわしく見る

CMOが明かす!パイオニアのマーケティングに不可欠なのは?

従来の「“モノ”を売る」ビジネスモデルに、ソフトウェアなどの“コト”を掛け合わせ、ソリューション企業への変革を推進しているパイオニア。 その中で社員は何を考え、どのように働いているのか社員にインタビューしてみました。 今回話を聞いたのは…… パイオニアのマーケティングってどんな仕事?新感覚の製品を支える、新たな顧客創造 私は、パイオニアが提供する次世代型車載器、「NP1(エヌピーワン)」の立ち上げに関わるべく入社しました。製品がリリースされてからは、徐々に既存製品や全社

スキ
33

会社の変化の根幹となる“モノづくり”の魅力を再発見

従来の「“モノ”を売る」ビジネスモデルに、ソフトウェアなどの“コト”を最適に融合させ、ソリューション企業への変革を推進しているパイオニア。 その中で社員は何を考え、どのように働いているのか、社員にインタビューしてみました。 今回話を聞いたのは…… 業務内容──新たな飛躍のカギを握る、パイオニアの“強み”を体現 私が現在統括しているのは、ソフトウェア開発部門。全部で200名ほどが在籍しています。経験豊富なエンジニアが多いのですが、若手の中途採用や新卒採用の人員も増やしてい

スキ
15

みんな大好き、人気声優がドライブ中の道案内人に?!音声再生の仕事を解剖

パイオニアが2022年3月に満を持して発売した、“会話するドライビングパートナー”「NP1(エヌピーワン)」。 次世代通信型ドライブレコーダー、スマート音声ナビ、クルマWi-Fiなど多彩な機能を搭載し、運転中のあらゆる場面で会話を通してドライバーをサポートする世界初※のAI搭載通信型オールインワン車載器です。 NP1の中でも要となる"音声"技術。その開発の裏側について、Cross Technology CenterのPiomatix情報サービス部より6回に渡り連載をお届けし

スキ
53

“ボイスデザイナー”という未知なる仕事への挑戦

パイオニアが2022年3月に満を持して発売した、“会話するドライビングパートナー”「NP1(エヌピーワン)」。 次世代通信型ドライブレコーダー、スマート音声ナビ、クルマWi-Fiなど多彩な機能を搭載し、運転中のあらゆる場面で会話を通してドライバーをサポートする世界初※のAI搭載通信型オールインワン車載器です。 NP1の中でも要となる"音声"技術。その開発の裏側について、Cross Technology CenterのPiomatix情報サービス部より6回に渡り連載をお届けし

スキ
27