見出し画像

私たちがパイオニアを選んだ理由~なぜパイオニアに人財が集まっているのか教えます 後編

デジタル人材の採用に力を入れているパイオニア。前編ではキャリア採用組の社員がなぜパイオニアを選んだのか、その理由を語ってもらいました。後編では、そんな社員達が入社後に感じたパイオニアの個性や将来性についてインタビューします。

前編はこちら

古いシステムは伸びしろと考え、新しい風を吹かせる

インタビュワー:前編ではキャリア採用のメンバーから、パイオニアを選んだ理由や、パイオニアという会社のイメージと現在の業務内容に良い意味でギャップがあったというお話を伺いました。今回は入社後の印象を、ざっくばらんに聞いてみたいと思うのですが、武田さんからいかがでしょうか。

武田:当初は大企業というイメージが大きく、物事すべてがかっちりと「見える化」されていているのだろうという印象を持っていました。けれど、実際は個々人の経験値に沿った進め方が目立っていて、ちょっと知りたいことがあっても、どこに聞いたらいいのか分からないこともあり、そこは困りました。

ただ、それ以上に社員の人柄が素晴らしいので、人の繋がりで色々助けてもらったり、サービスのことなども教えてもらえることが多かったです。入社してパイオニア社員のホスピタリティに触れ、非常に感銘を受けましたね。

モビリティサービスカンパニー マーケティング担当 武田

インタビュワー:確かに欲しい情報をどこで探したらいいのか、分からないという問題はありますね。例えば仕事上で営業やカスタマーサクセスの情報が、お客様を起点に整理されていないという問題がありました。

それを受けて、武田さんがこの1年弱の期間でセールスフォースを導入し、今では営業とマーケティングに関して、ほぼその管理ツールを見れば分かるようになりました。またマーケティングオートメーションツール(※)も導入しました。そう考えると、まだまだ伸び代がたっぷりある状態と言えますね。

パイオニアは、「ビークルアシスト」の他に保険会社向けのサービスも提供しています。それらモビリティサービスの担当部門では、武田さんの取り組みもあり、ここ数年でSaaS企業に必要なシステムやツール、販売手法などが整ってきました。IT企業などから最近入ってきたメンバーも、働きやすい環境だと感じているようですね。

※新規顧客の獲得と既存顧客の育成を自動化・効率化するツール

武田:そうですね、セールスフォースについては、入社当初にみっちり取り組み、導入しました。9カ月頑張ってきて、社員に活用してもらえるようなシステムができたのではないかなと思っています。今後さらにデータを活用できるように、セールスフォースの利用環境を整えていきたいと思っています。

インタビュワー:津村さんは入社してみて、パイオニアの印象は変わりましたか。

津村:伸び代があるということに関しては、すごく感じましたね。私が入ったのは、今から組織で直販を強化していくというタイミングでしたので、従来の代理店の営業とやり方をどう変えていくのかなど、課題は多かったです。

また営業に関する社内の仕組みには改善すべき点があったように思います。入社してまず感じたのは、例えば、モノ売りのビジネスに適したシステムを使っていたり、コト売りのシステムがまだ使いこなせていないため、非常にもったいないところが多いと感じていました。

こういったところを一つ一つ、ちょっとしたことでも変えていけば、ステップアップに繋がっていきますし、それが積み重ねられれば大きな成果に繋がると思います。大変なことではありますが、着実に数字に繋がっていくところに面白みや、やりがいを感じますね。

モビリティサービスカンパニー セールス担当 津村

インタビュワー:ありがとうございます。ちなみに津村さんのファーストキャリアは老舗の金融機関でしたが、その後ITベンチャーなど、多様なキャリアを積んでいますね。今までそのギャップを感じたことはありますか。

津村:信用金庫や生命保険の会社は、書類が非常に多かったり、使っているシステムも社内で自社開発したものだったりするので、かなり古い物もありました。その後ビズリーチなどのSaaS企業に転職して、システムが一気に洗練されたイメージはありましたね。

パイオニアに転職したとき、金融機関ほどではないのですが、古い環境に戻ってしまった部分もありました。ただし、この環境をSaaSと同じようなシステムに仕組みを変えていけたら、大きく伸びるだろうなとも思いました。

インタビュワー:僕らもクラウド型の電子契約とか、社内業務をCRM(※)の機能を使って業務フローを整理したりしているので、半年か1年ぐらいしたらさらにDX化された組織になる気がしています。営業とかマーケティングの他に、DXツール導入に興味がある人材も、募集してます。

※Customer Relationship Management(カスタマー リレーションシップ マネジメント)の略で、「顧客関係性マネジメント」のこと

それでは佐藤さん、入社してみて印象はいかがでしょうか。

佐藤:僕も武田さんと同じく、人が良いという印象がありますね。僕自身はベンチャー企業で働くことが多かったのですが、忙しくて人に教えることがなかなかできない環境でやってきました。でもパイオニアの人たちは、新卒で入って長く働いている社員、ちゃんとした教育を受けている社員も多くて、面倒見が良いです。僕はいろんな会社で働いてきましたが、そのなかでも人が良い会社だなというイメージがあります。

入社してギャップを感じたのは、ドキュメンテーション化というか、今の自分の行動をログに残さない人が多いことです。全体の業務が「見える化」されていないが故に、仕事が属人化している部分があると思います。その分、熟練工というか、職人的な人が多いという感じですね。もちろんそれらの社員はとても優秀で、50歳から60歳ぐらいの方々が溜めたナレッジは非常に貴重なものがあります。それを他の部署とか、新しく入ってきた人に対してシームレスに渡していけたら良いですよね。

インタビュワー:ありがとうございます。

現在は佐藤さんが中心になり、ナレッジベースのツールとか請求ツールも社内で導入しているところですよね。今一緒に動いているメンバーには頭の中に仕事のマニュアルが全て入っているタイプのベテランもいるのですが、その培われてきたナレッジに佐藤さんのIT経験を融合させて、急速に共有、ナレッジ化できれば良いですね。個人的にはとてもエキサイティングな気配がしますけれど。

佐藤:そうですね。私も若い会社にいたので、50代、60代の社員と一緒に働くのは初めてだったのですが、親の世代ぐらいの方々との仕事を、今は楽しんでやっていますね。

インタビュワー:ありがとうございます。僕自身もパイオニアに転職してきたのですが、入社当初に「社内コンフリクトはなかったのですか」などと、外部の方から聞かれました。実際は、社員の皆さんがいい人過ぎて、とても働きやすいという実感があるので、そこは皆さんと同じ意見ですね。

モビリティサービスカンパニー カスタマーサービス担当 佐藤


新たな社会解決に取り組む、現在のパイオニアを知ってもらいたい

インタビュワー:さて3つめの質問として、パイオニアでやりたいことを教えてもらえますか。
 
津村さんから、いかがですか。
 
津村:そうですね。セールスの組織であったりだとか、我々が取り組んでいるSaaSのビジネスそのものだったりが、まだ社外に対して認知されてないと、私個人的には感じています。「パイオニアはSaaSビジネスに力入れて、セールスも強い組織で、洗練されています」みたいなところを、社外に発信できるような組織を作っていきたいと思っています。
 
インタビュワー:インタビュワー:確かにそうですよね。今日集まっている皆さんは、モビリティサービスカンパニーの営業、マーケティング、カスタマーサクセスのメンバーですけれど、パイオニア全体でも社内の体制は大きく変わっています。2021年に、モビリティ領域のSaaSに精通する岩田さんがCTOとしてパイオニアに入社し、SaaSビジネスを推進する組織「SaaS Technology Center(STC)」を立ち上げました 。そのSTCを中心に、デジタル人材がどんどん集まっていて、ソリューションサービス企業への変革を、スピード感を持って進めている。そこを僕らがうまく発信できるようになるといいですね。ぜひそこは、みんなでやっていきましょう。

では武田さん、パイオニアでやりたいことはありますか、いかがでしょうか。
 
武田:今顧客管理ツールとか、マーケティングオートメーションとかを使って、いろいろやっていますので、顧客管理ツール活用の事例として紹介してもらえるぐらいになるといいなと考えています。それを目標に邁進していくつもりです。
 
インタビュワー:今の武田さんの推進力なら実現できると思うので、ぜひお願いします。確かに社内の取り組みを外に発信していくことができると、よりリアルにパイオニアの変革が伝わりますよね。
 
武田:そうですね。あとホームページも強化したいと思っています。
 
インタビュワー:ぜひ頑張ってください。
 
最後に佐藤さん、このパイオニアでやりたいことについては、いかがでしょうか。
 
佐藤:僕は前職・前々職で建築・物流関係の業務に携わっていたのですが、そこで思ったのは「物流はインフラであって、止めてはいけない」ということです。
 
待機問題やCO2排出量の削減など、いろいろな社会的な課題があると思うのですが、そういった社会課題をパイオニアで解決していきたいと思っています。今はカスタマーサクセスの立ち上げでリードさせてもらっていますが、いずれは物流の課題を解決できるプロダクトにも携わっていきたいですね。
 
パイオニアにはどんどんと新規事業を開発している部署もありますし、カスタマーサクセスとしてもそっちの方に踏み込んでいくようなチーム作りを今後目指していきたいと思っています。

インタビュワー:欲張りな感じでいいですね。今はやりたいことを言ったら本当にやれる環境がある状況だと思いますので、ぜひよろしくお願いします。

それでは今回のインタビューは、以上となります。今後もパイオニアを知ってもらう機会を増やしていこうと思っていますので、よろしくお願いします。

この記事が参加している募集

私の仕事

転職してよかったこと

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!